フォト

Yahoo!オークションマイブース

最近のトラックバック

文化・芸術

本物の音は素晴らしい

先週の土曜日、アルカスSASEBOにて「ブダペスト祝祭管弦楽団」の演奏を聴いてきました。

あーちゃんが吹奏楽部に入っている関係で、格安でチケットを入手できると聞き、
「安くで聴きに行けるのなら行って見よっか!オーケストラを生で聴くの初めてだし!」
なんて、割と軽~いノリで行くことになったのです。

私のクラシック音楽の知識なんて、高校までの音楽の授業と、「のだめ」程度なので、「名前聞いたことないオーケストラだなー、ソリストも知らないしー」なんて思ってたのですが。

…会場に入ってパンフレットを読んでびっくり。

指揮者もヴァイオリン・ソリストも世界的に活躍中の、知る人ぞ知る音楽家。
「2008年世界のオーケストラトップ10」に選ばれるほどのオーケストラ。
そしてソリストの使用楽器は、1727年製ストラディヴァリウス。

圧巻でした。素晴らしかった。

プロの演奏家の気迫・情熱、生のオーケストラの迫力ある音に圧倒されました。
耳ではなく、身体中すべての細胞で音を吸収し、脳内に響き渡っていくような感覚でした。
そんな感覚を得られる、アルカスSASEBOの音響も素晴らしい。

至福のひとときでした。